太陽光発電のご相談・お見積りを無料で受け付けています。興味がわきましたら、ご連絡ください。

詳しくはコチラ

太陽光発電システムを導入している物件は、入居率のアップや、収益のアップなど等、賃貸不動産オーナー様に
とって沢山のメリットがございます。
一般的には普通の戸建住宅よりもアパートやマンションは、屋根の面積が広いため、
発電容量の大きな太陽光発電システムを搭載することが可能です。
草原住宅では、太陽光発電導入によるオーナー様の収益アップをご提案させて頂きます。


自然のエネルギーを利用して電力を発電する太陽光発電システムは、石油や石炭など資源の枯渇が危惧される
エネルギーと異なり、そのエネルギーは無限大と言われております。
原子力発電のような事故の危険性もありませんし、地球温暖化の原因といわれる二酸化炭素も排出せず、
地球環境と未来の子供たちに優しい究極のエネルギー発電方法なのです。




2011年度の電力の買取価格は42円/kw、買取開始時の買取価格で10年間買取が行なわれます。
また2012年度からは電力の全量買取もスタートします。
太陽光発電によって作られた電気はオーナー様宅または賃貸物件にて利用し、余った電力は電力会社に
売却できます。
これにより売電収入が増え、設置費用の回収にかかる期間も大幅に短縮が可能となります。



自宅で電気の発電が可能な太陽光発電は、万が一、災害や停電時に電力の供給が止まっても、
日照があれば緊急用の電気が発電でき使用できます。



発電した電気を全てオーナー宅で使い、尚且つ余った電機を売電し収入を得るパターンとなります。
電気代を抑え、売電により収入も得られるのでオーナー様にとって、良いこと尽くめです。
備)設置地域などよって異なりますが補助金の対象にもなります。
オーナー様が同じ敷地内にお住まいであることが条件となります。



パターン1と似た仕組みとなりますが、発電した電気をご自宅ではなく、お持ちの賃貸物件の共用スペースで
使用し、尚且つ余った電力を売電し収入を得るパターンとなります。
共用スペースの使用電力は階段室や廊下の照明程度で使用量が極少のため、ほとんどが余剰電力として
売電が可能です。共用スペースで使用する電力を自ら生み出すため、環境負荷が掛からない省エコマンション
としてのPRも期待ができます。




発電した電力を各入居者に還元していくパターンとなります。
そして余剰電力が出れば、売電もできます。系統連系しているのは入居者ですから、売電収入は
入居者が受け取ります。環境に優しい省エネタイプ:アパート・マンションとして、環境意識の高い人に対して
物件をPRすることができますし、近隣相場よりも高めの家賃設定が可能となり空室率の改善にも役立ちます。
最近は賃貸住宅の空室も増えており、空き室対策を理由に、この方式を選択するオーナー様も
おられるそうです。


このページのトップに戻る

熊本市・合志市・菊陽町・大津町・西原村・植木町・菊池市・山鹿市・玉名市・玉東町・益城町・嘉島町・御船町・甲佐町・富合町・城南町・宇土市・宇城市・八代市を中心とした熊本県内
※その他・隣県に付きましては、一度ご相談ください。

着手から完成までを動画で 紹介します。